2013年01月27日

Elysian23 レポ

 アスティホールで行われたElysian23のぷちレポです。読み直したら何か全然レポじゃなくていつもの座談会だった。

 続きからどうぞー。

--------------------------------------------

続きを読む
posted by KaL at 17:50| Comment(4) | ぷちレポ

2013年01月21日

the woRks original 23 レポ

 昨日のwoRksのレポです。続きからどうぞー。

続きを読む
posted by KaL at 13:37| Comment(0) | ぷちレポ

2012年12月10日

BUCK-TICKライブレポ TOUR夢見る宇宙

 というわけで、久々の座談会形式でお送りします。長いよ!
 今回はPVのあるものはリンクつけてみました。

レリィ「BUCK-TICKライブ行ってきたーーーーーーー!!!」
コウ 「…相変わらずこの時だけすごいテンションだなぁ…」
フェイ「うちの巫女さんが年に一回、ありえないくらい輝く日だね(笑)」
ディア「それでは、続きからどうぞ」

続きを読む
posted by KaL at 11:47| Comment(0) | ぷちレポ

2012年02月13日

1/29 Elysian20 ぷちレポ

 イベントレポです。 

 いつも通りキャラ座談会形式…いや座ってないから座談会じゃないか…とにかく続きからどうぞ。

続きを読む
posted by KaL at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ぷちレポ

2011年12月08日

11月27日 おでかけライブin札幌118 ぷちレポ

メディ「11月27日の おでかけライブin札幌118 同人感謝の日2011 のレポですね」
ディア「同人感謝の日って?」
フェイ「わかんないけど、印刷屋さんの期間限定割引券ついてきたよ」
シュリ「…使う予定がないな…」
ヴァル「と言って捨てると後で使う用事が出たりするのでウカツに捨てられない件」
ティグ「そして部屋が片付かない件、か」
メディ「レポは長いので折り畳んでいます、『つづきはこちら』からお読みください」続きを読む
posted by KaL at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷちレポ

2011年12月03日

10月29日 the woRks Halloween Havoc 08 ぷちレポ

フェイ「10月29日の the woRks Halloween Havoc 08 のレポだよー」
ヴァル「1ヶ月以上遅れてのレポでございますが皆様暖かい眼差しで読んでくださると思っております」
コウ 「…これだけ時間が経つとほどよく冷えて生ぬるい眼差しになっていると思うよ」
ディア「ぷちレポは長いので折りたたむことにしました。『つづきはこちら』からどうぞ」続きを読む
posted by KaL at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷちレポ

2011年11月14日

10月8日 Elysian19 ぷちレポ

ディア「じゃん。10月8日のElysian19に参加してきました」
コウ 「ちょっと久々かな、イベントレポは」

シュリ「とりあえず、準備からだな…」
ディア「うふふ。今回は秘密兵器があるのです」
シーク「なんだ、秘密兵器って」
ディア「じゃん。ラドウェアカラーのキャリーバッグ!」
レリィ「うわぁ…真っ赤…」
ディア「ドン○ホーテで安く買えたの」
フェイ「訳あり品?」
ディア「『同じ色を仕入れすぎたため』って書いてありました」
シーク「だれだそのうっかり(笑)」
ヴァル「我々のためにうっかり仕入れすぎてくれてありがとうございました(笑)」

ティグ「では出発するとしようか」
フェイ「よっし、キャリーバッグを……重っ!」
シーク「つめすぎだろ!(笑)」
ディア「むむ。でもキャリーバッグは、ええと、あれがついてるから…」
ティグ「あれ、とは?」
ディア「…キャタピラ?」
フェイ「ついてないよ!(笑)」
ディア「タイヤ? 車輪?」
ヴァル「違うと思います(笑)」
シュリ「…キャスターだろう…」
メディ「『キャ』は最初ので合っていましたね」
ディア「とにかく、ゴロゴロ引っ張れるので力がそんなにいりません」
レリィ「階段とかどうするの…」
ディア「…Σはっ」

ヴァル「つーか、ポップスタンドがバッグからはみ出してますよ」
コウ 「地下鉄の中なんかはちょっと危ないかなぁ」
レリィ「…あっ」
シーク「なんだ」
レリィ「ポップ忘れたかも…」
フェイ「え、スタンドだけ持ってきたってこと?(笑)」
シーク「あほかおまえ(笑)」

フェイ「コンベンションセンター到着!」
メディ「今回のスペースはこちらですね」
ディア「まずはお隣の人にご挨拶をして、……」
シーク「どうした」
ディア「アメちゃんを忘れました」
シーク「だれだアメちゃんって」
ヴァル「飴ですが(笑)」
シーク「ちゃんづけするな、まぎらわしい」
シュリ「まぎらわしいって…人を持ってくるわけがないだろう…」

ディア「それでは、スペースの設営をしましょう。いそいそ」
レリィ「あっ、ポップちゃんと持ってきてた…」
シーク「だれだポップちゃんって」
レリィ「ポップを、ちゃんと、持ってきてた!」
フェイ「よかったね(笑)」

メディ「そろそろイベントの開始時間ですね」
ディア「今日もよろしくお願いします。拍手」

コウ 「人の入りはそこそこ…かな」
ディア「わぁ。『Webコミックで連載されてたやつですか?』って聞かれました」
ティグ「度々言われるな」
コウ 「有名だったんだなぁ…」
シュリ「…昔はWeb漫画自体少なかったし、戦記も珍しかったしな…」
ヴァル「つか、当時は上手かったし」
ティグ「悲しき過去形だな」
フェイ「えっと、一時期はほんと酷かったけど今はそこまでじゃないよ!(笑)」

シーク「おい。電卓ないぞ」
ヴァル「あー。そんな時のための指です」
フェイ「いや、えーと、頭じゃないの?(笑)」

ディア「むむ。コピー本が売り切れてしまいました」
メディ「『マリルのしゅくだい』ですね」
コウ 「いやあ、うちの娘が可愛いから」
シーク「だまれ親バカ(笑)」
フェイ「在庫少なかったからなー。もっと作っておけばよかったね」

レリィ「のどかわいた…」
ディア「じゃん。マックスバリュで買った缶ウーロン29円です」
フェイ「29円!? 大丈夫なのそれ?(笑)」
ディア「缶代を安く上げてるって書いてありました」
シュリ「…冷えてない…」
コウ 「まあ、安いからなぁ」

レリィ「なんか…、お隣さんの絵、どっかで見たような…」
ディア「(はっ)今回のElysianのチラシの絵を描いてる方!」
フェイ「ああ、そっか! 可愛い絵だよねー」
レリィ「可愛い絵が描けるのって、うらやましいわよね…」
メディ「可愛い…も含めて、見栄えのする絵を描きたいものですね」
レリィ「…うちはむりっぽい気がする…」
フェイ「何でだろうねー」

ディア「うん。いいお話でした」
レリィ「は?」
ディア「逆のお隣のヤミーさんの本を買わせていただいたの。ごはん本」
フェイ「え、ごはん本って想像がつかないんだけど(笑)」
シュリ「擬人化…か?」
ディア「ううん、普通のごはんの本。じーんと来るお話でした」
メディ「こういったものを描ける方というのも羨ましいですね」

フェイ「ブロックノート回ってきたよ」
シーク「ブロックノート?」
ヴァル「昔ながらのブロックに絵とコメントを彫り込むわけですよ」
フェイ「いやいやいや!(笑) 列ごとに回ってくるノートだね。何描いてもオッケーっていう」
レリィ「っていうか…、ヤミーさん、描くのすごい速い…」
ヴァル「プロの犯行ですな」
シュリ「犯行じゃない」

フェイ「あんまり関係ないんだけど、うちの作者がさ、最近わりと店頭接客とかするんだよね」
シュリ「あからさまに関係なさそうだな…」
フェイ「そう言わずに聞いてよ!(笑) ああいうのって、誰か他の店員が『ありがとうございました』って言ったら、みんなで『ありがとう

ございました』って復唱するじゃん?」
メディ「コンビニ等でもそうですね」
フェイ「でさ、お隣さんがお客さんに本買ってもらって『ありがとうございました』って言うとね、反射的に復唱したくなる(笑)」
ヴァル「あー、それは是非やってネタになってから報告していただきたかった(笑)」
レリィ「やめて」

フェイ「あ、えとうさんだ!」
コウ 「こういう場でお知り合いが増えて度々会えるのは嬉しいなぁ」
ディア「差し入れいただいてしまいました。うふふ、ありがとうございます」

フェイ「紙屋さんが来てるみたい」
ティグ「ほう。ペーパーショップサクマ、か」
レリィ「…うそ…すごい安い」
ディア「そうなの?」
レリィ「この紙がこの束でこの値段とか、普通ない…。色トレペとかもあるし…」
コウ 「現品限り、というのもあるなぁ」
レリィ「こ…これとこれとこれください…」
シーク「買いすぎだろ!(笑)」
ディア「割引券をいただいたから、今度お店の方に行ってみたいね」

ディア「ブロックノートが回って来ました」
コウ 「ん? さっき回って来たんじゃないのかい?」
ディア「うん、4周目」
フェイ「4周目!? ネタある?」
ヴァル「ないのでヴェスタルを描きました」
フェイ「その人選はどうなの(笑)」

フェイ「あ、今回の抽選会は何も当たらなかったね、残念」
コウ 「そういえば、今回は恒例のスペシャルドリンクもすぐになくなってたなぁ」
レリィ「スペシャルドリンク…?」
コウ 「缶ジュースのサービスだよ。スペシャルと言っても、まあ、ヴァルトが喜ぶようなものじゃなくて普通の飲み物だ」
ヴァル「まるでオレが普通じゃないもので喜ぶみたいじゃないですか」
シュリ「違うのか」
ヴァル「違いません」

ディア「おなかが空いてふらふらです」
シーク「帰りになんか買ってくか」
ディア「あっ。それならマックスバリュにシュークリームのお店が」
シュリ「チェックしてたのか…」
ディア「あまいもの…あまいもの…(ふらふら) えーと、これとこれとこれとこれください」
シーク「だから、買いすぎだろ!(笑)」
ヴァル「『こっからここまで全部』みたいな勢いでしたが(笑)」
ディア「甘いものは正義です」

メディ「…といったところで今回のレポは終了ですね」
フェイ「全体的にどうだった?」
レリィ「本が中心のイベントだから…すごく好き…」
ディア「もっとじっくりゆっくり見回りたかったね」
コウ 「しかし自分のスペースを長く空けるわけにもいかないからなぁ…」
ヴァル「誰か引き込んで留守番させますか(笑)」

ディア「あっ、次回1月29日のElysianは、20回記念ということで、入場料が格安の200円だそうです」
フェイ「アスティホールだから交通の便もいいしね」
メディ「皆様、お誘い合わせの上お越しくださいませ」
ヴァル「とか言ってうちが抽選で落ちたりするんですよ(笑)」
ディア「むむ。落ちても一般参加で遊びに行きます」
posted by KaL at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷちレポ