2015年12月21日

BUCK-TICK 2015年「THE DAY IN QUESTION」行ってきたよ的なアレ。

 毎度おなじみいつものアレです。
 続きからどうぞ。
--------------------------------------------
レリィ「うっふふふふ…」
ヴァル「あー、そうですね、年に1度のレリちゃんが壊れる季節がやってきましたね(笑)」
コウ 「まあ…一応聞くが、何があるのかな?」
レリィ「今回は久しぶりの札幌でのBUCK-TICKライブ…」
シーク「久しぶり?」
レリィ「最近のライブは北限が仙台だったんだけど、それって震災復興のために東北にお金落として行ってねっていうBUCK-TICKの優しさだと思うから…いいの…。でも今回のは札幌…!!」
フェイ「あれ?」
ディア「どうかした?」
フェイ「いや、過去のレポ見たら、去年の8月もライブ行ってるなーって…」
レリィ「Σ」
ディア「久しぶりじゃなかった…!!」
ヴァル「相変わらずの残念な記憶力のカタマリがのさばるWebの端の吹き溜まり(笑)」

レリィ「そういえば、ライブの時間に遅れて見逃す夢を結構見るんだけど…」
フェイ「嫌な夢だね!」
レリィ「でも今朝は、遅れたおかげでBUCK-TICKメンバーに会える夢見たから…うふ…うふふふ…」
シーク「おいてくぞ」

ディア「というわけで、会場の『わくわくホリデーホール』前に到着です」
シーク「どこだそれ」
ティグ「市民ホールだな。最近名称が変わった」
シュリ「…『わくわく』か…」
ディア「わくわくです」
ヴァル「そのわくわくホリデーホールで『太陽ニ殺サレタ』とか『M・A・D』とか演っちゃうわけですね?」
レリィ「大丈夫…櫻井さんならきっと『わくわくホリデーホール…素敵な名前ですね』って言ってくれる…」
フェイ「それはどうかなぁ(笑)」
コウ 「しかしこれは…長蛇の列だな…」
レリィ「全席指定だから大丈夫! っていうかBUCK-TICKファンがこんなに…!!」
ヴァル「レリちゃんが全てにおいてポジティブですよどうしますかシーク」
シーク「おれにどうしろってんだ(笑)」

ディア「荷物検査(カメラチェック)とチケット渡し終えて建物内に入りました」
フェイ「うっかり持って来てた3DS回収されなくてよかったね(笑)」
レリィ「まずはグッズ売り場ね!」
シーク「なに買うんだ」
レリィ「並びながら決める」
シーク「…どうするこいつ」
フェイ「いやえーと、オレに意見求められても(笑)」
レリィ「うっ…。サクラィドロップスもポーチも売り切れてる…!」
ディア「サクラィドロップス?」
レリィ「櫻井さんとサクマドロップスとのコラボ商品」
フェイ「そう来たかー(笑)」
ディア「うーん。じゃあ、化粧ポーチとかは?」
レリィ「なんかこう、もっとバーン!って! BUCK-TICKだよ!バーン!ってのがほしい…」
ヴァル「やー、いい感じでキャラ壊れてますなレリちゃん(笑)」
レリィ「じゃあTシャツにしよ」
ヴァル「聞いてないし」

フェイ「席は…えーと、2階席だね。…って、これあと1歩遅かったら3階席だったよね?!」
レリィ「今回は席埋まるの早かった気がする…」
ディア「でもこの位置なら、ちょっと横にはみ出して踊っても大丈夫かも!」
レリィ「後ろの人のこと気にしなくていいしね…」
フェイ「ていうか、ファンクラブ入会して前の方の席取ったらいいのに」
レリィ「検討してる…検討しては…いるんだけど…。基本、金銭的な余裕があんまり…」
シーク「さっきなんも考えずにTシャツ買っただろおまえ」
レリィ「あれはいいの」
シュリ「(基準がわからん…)」

ディア「開演まで時間があるので、持ってきたポメラでレポを書…」
フェイ「書…?」
ディア「電池切れでした」
シーク「おい(笑)」

(暗転)
ディア「あ」
レリィ「あっ、意外と早い」
シュリ「意外と…?」
フェイ「BUCK-TICKのライブって始まるの遅いイメージあるんだけど、最近早い気がするね?」
レリィ「っていうか…他のライブほとんど知らないんだけど…ね…」

1:ANGELIC CONVERSATION
レリィ「キターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
ディア「♪えーんじぇりく かーんばせぃしょん♪」
フェイ「あっちゃんが珍しい髪型してるね? よく見えないけど、横だけアップにしてる?」
レリィ「視力…視力がほしい…ッ!!」
コウ 「次から双眼鏡持って来たらどうだい…?」
フェイ「オペラグラス持ってきてる人は見かけたね!」

2:RENDEZVOUS
ディア「♪わーたーしーのーーー とーなりーーで ほーほーえーむーーー てんしーよ♪」
フェイ「ラブラブ曲来たね!」
レリィ「BUCK-TICKの中では、こういう両想いっぽい曲、珍しいわよね…」
フェイ「あ、曲目は一応メモしながら聞いてたんだけど、いかんせん暗闇だからズレてたり抜けてたりしたらごめんね!」

3:LADY SKELETON
ディア「♪あいしてくれれぃでぃすけーるとーん えでんのそのー♪」
レリィ「好き…」
ヴァル「早くも語彙なくなりました(笑)」

レリィ「4曲目…あれっ…前奏…知らない曲…?」
ディア「新曲?!」
フェイ「それはないと思うけど…」

4:Brain,Whisper,Head,Hate is noise
フェイ「ああ、これかー!」
レリィ「あっ…。よく聴いてるけどいまだにタイトル覚え切れない曲…」
ディア「♪こうきゅーうーなー ぐのさるたちはー あーあー いくおくねんのとーきーーー♪」

5:BUSTER
ディア「♪せーかいをふみつぶすばすたー あーくせいいでんしびょうー♪」
フェイ「『MonaLisaOVERDRIVE』に入ってる曲だよね? このアルバムはめっちゃ聴いたから好きだなー」

6:狂気のデッドヒート
ディア「♪よんおーくーからごおくのべびーふぇーいす♪」
レリィ&フェイ「えーっ!?」
ディア「♪どいつもこいつものっぺらぼぉーずー♪」
レリィ&フェイ「うそー!?」
シーク「ノリノリだなこいつら」
コウ 「まあ、ノリに来てるんだからいいじゃないか」
ヴァル「つーか下手なことツッコむと後が怖いですよシーク?(笑)」

レリィ「次は…、あれっ、また知らない曲?」
ヴァル「アレンジしてるってコトは、昔の曲なんじゃね?」

7:tight rope
ディア「♪ゆれるきみを ゆびで たどる いつまでも あぁなんてうーつくーしーいー♪」
フェイ「あ、それほど昔でもなかったね(笑)」
レリィ「っていうか、この曲自体が『COSMOS』の『TightRope』のアレンジだから…」

8:密室
ディア「♪きーみーにーさーわりたい こーこにーは のーぞーむもーのはないーーー♪」
フェイ「BUCK-TICKの恋愛方面の歌ってこの曲のイメージ強いなー」
レリィ「舞台照明もしっとりした感じね…」

9:スパイダー
ディア「♪か・らーまーるゆびとかみー よーなよないとはくー♪」
レリィ「あ…。あんまり聴いてなかった曲だけど、ライブで改めて聴くといい感じ…」

(ゴゴゴゴゴゴ…)
フェイ「何の曲?!」
レリィ「わ、わかんない…」

10:MISTY ZONE
フェイ「これかー!」
ディア「♪ふいにひはかげーり れぃにーでい とおくかすんでーる らすとーしーん♪」
レリィ「好き…」
フェイ「持ってるライブDVDに入ってるから時々聴くけど、生で聴くのは珍しいかもね?」

11:メランコリア-ELECTRIA-
フェイ「あー!! これ前奏ではわかんなかった! 『形而上 流星』に入ってる方のアレンジだね」
レリィ「うぐぐ…。か、帰ったら聴く…」
ディア「♪きーのふれた ぴーえーろ ぼーくはいま えーんーじてる♪」

12:Iconoclasm
ディア「♪はりあっぷ あいこにっく ふろむびよん でぃざいあー♪」
フェイ「『殺シノ調ベ』アレンジの方だよね?」
レリィ「個人的には『TABOO』の原曲が好き…でもBUCK-TICKが演ってくれるんだから何だっていい…」
ヴァル「何だっていい発言出ましたー(笑)」

13:細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM
ディア「♪すくわれーたい なんておもわない むくわれーたい なんておもわない♪」
フェイ「これ正式な曲名確認しようと思って、『BUCK-TICK ドリー』で検索したら、候補に『ドリーム小説』が挙がって『…あるんだ…』って真顔になった」

14:JUPITER
ディア「♪あるきだす つきのーら・せーんを♪」
レリィ「好き…。っていうか、BUCK-TICKで一番最初に買ったシングル…」
コウ 「そうか…思い入れのある曲なんだな」
レリィ「あの時PVで櫻井さん見てなかったら、今頃もっと色々妥協できてたと思う…」
シーク「何の(笑)」

レリィ「次は…うっ…。これも…前奏…アレンジ? 何の曲かわからない…」
ディア「…天体観測?」
ヴァル「誰のライブに来てると思ってるんですか陛下(笑)」

15:夢見る宇宙
レリィ「あっ…あー…、あー…」
ヴァル「こんな曲もあったねって顔してますねレリちゃん」
レリィ「お、覚えてる! ちゃんと覚えてるけど!!」
ディア「♪あなたにでーあえたーよるー ぼーくーはーうまれたー♪」

ディア「あっ。これで終わり…だね?」
レリィ「アンコールが! 2回あるはずだから!」
コウ 「すっかり慣れたもんだなぁ…(苦笑)」
レリィ「とりあえず…座る…(ガクッ)」
シュリ「(魂抜けてるぞ…)」
フェイ「すごいね、会場のアンコール…えーと…アンコールコール?(笑)」
レリィ「手拍子だけする…」

ディア「あっ、出てきたよ」
フェイ「相変わらずユータかわいいなー、アラフィフなのに(笑)」

アンコール1−1:MISS TAKE -僕はミス・テイク-
ディア「♪しんあい なる うつしーよよ♪」
レリィ「す…好き…」
フェイ「これ曲名思い出せなくて、メモには『えいえんさえおいこしていく』ってサビそのまんま書いてある(笑)」

アンコール1−2:太陽ニ殺サレタ
ディア「♪よるのぶたい まくがあがる ときを とめーて♪」
ヴァル「あら、ホントにわくわくホリデーホールで『太陽ニ殺サレタ』来ちゃいましたわ」
フェイ「あとは『M・A・D』とか来れば完璧?(笑)」

アンコール1−3:DIE
ヴァル「『M・A・D』以上の直球来ました(笑)」
フェイ「でもこれ、タイトルに似合わずしっとり系の曲だよね」
ディア「♪ぼくはりょーてを ひろげーぇー すべてをゆるしたいとねーがえば♪」

ヴァル「とゆーワケでアンコール2回目待ちに突入でございますワ」
レリィ「…………」
シュリ「(また魂抜けてる…)」
ディア「あ。レリィ、アンコール始まるよ!」
レリィ「(はっ)」
フェイ「見て見て、ユータがお客さんにお尻触らせてる(笑)」
レリィ「お茶目かわいい…」

アンコール2−1:FLAME
ディア「♪あのひこいをしーた わすれかけたはーなーがさく♪」
レリィ「す、好き…」
フェイ「『ONE LIFE, ONE DEATH』に入ってる曲だよね。このアルバムもかなり聴いたなー」
シュリ「逆に聴いてないアルバムはあるのか…」
レリィ「…初期のはあんまり聴いてないかも…。なんか…恥ずかしくて…」
シーク「なんで(笑)」

アンコール2−2:CLIMAX TOGETHER
ディア「♪ゆめにはー いまじねしょーん だいじだぜー♪」
フェイ「サビのリズムが好きだなーこの曲」
ディア「♪うぃーらぶおー だーきしめたーい へいべびあゆれでぃあ・の・そ・ら・のーしたー♪」
フェイ「うん、そこそこ」

アンコール2−3:LOVE ME
フェイ「この曲でラストだね!」
ディア「ほそいてくびをかみきーり♪ びやくがきずにしびれーる♪」
レリィ「好き…」
フェイ「癖になるよねこの曲。♪ラーララーララーラーラーラーラ ららーラーラーララーラーラーラーラーラーー♪」
レリィ「て、手が、振ってるのが、もう、疲れて…」
シーク「手おろせばいいだろ」
レリィ「だめ…わたしの…全体力は…この日この時のための…ものだから…」
ヴァル「シーク、普通に妬いていいと思いますよ?」
シーク「そんな気にもなれん(笑)」

レリィ「ああ…終わっちゃう…」
フェイ「ちょ、アニィがwwwスティック床に跳ねさせたやつ落としたwwwわざとだよね?www」

レリィ「はあぁぁぁ…幸せだった…」
フェイ「今回は、定番?の極東とかメメモリとか悪の華とか入らなかったね」
レリィ「うん…。アイコノとJUPITERぐらいかしら…。でもどの曲が来てもノれるし聴き入れるバンドって、よく考えるとすごいわよね…」
ヴァル「他のライブほとんど知らないんだけどネ♪」
レリィ「だまれ」
フェイ「怖っ!」
ヴァル「レリちゃんがさっき言ってたセリフでしょーよ(笑)」
ディア「でも、曲数たくさん演奏してくれたね」
フェイ「あっちゃん今回あんまり喋ってなかったなー。あと、全体的に逆光多かったね…(笑)」
レリィ「櫻井さんを…櫻井さんをもっと見たかった…。最後の曲で背景にちょっとアップ写ってたけど…」
フェイ「巫女さんはあっちゃんしか追ってなかったよね完全に(笑)」
レリィ「でも星野さんも相変わらずかっこよかった…」
ヴァル「それあっちゃんの退場後ですよね見てたの(笑)」
フェイ「まあ、でも、あれだよね。普段からDVDとかニコ生とか見てるから、『BUCK-TICKならうちに帰ったらいるよ?』ぐらいの気分だったりしない?(笑)」
レリィ「する…」
コウ 「幸せなことじゃないか」
レリィ「うん…。でもやっぱりライブには行く…」
シーク「まあ、そりゃそうだろうな」
ヴァル「ところでめっちゃ作曲してる上にギターなのにマイマイの話が全く上がりませんでしたね?(笑)」
フェイ「何でだろね…うちってわりと毎回そうだよね…(笑)」

 おまけ。曲目(後半)をメモった紙。
B-Tライブメモ.png
 後で見直した時に『CLIMAX TOGETHER』(赤線部)が全く読めなかった。
posted by KaL at 22:27| Comment(0) | ぷちレポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: